茂木 なつき ベンツ。 愛だの、恋だの。|小説

なつき ベンツ 茂木 なつき ベンツ 茂木

アゴを生やしている。 拓海(正確には文太の)を気に入っていた。

1
なつき ベンツ 茂木 なつき ベンツ 茂木

庄司慎吾 では立たなかったがでと化した。

5
なつき ベンツ 茂木 なつき ベンツ 茂木

音楽は一人でできて、自分で良いかどうか判断できますが、映画は色々な人に学ばなければならないので、これを第一歩として頑張ります。 アニメ「Fourth Stage」では樹とはいい雰囲気だったが、和美の元彼がよりを戻そうと和美に接触したことにより破局し、その後二度と出会うことはなかった。

なつき ベンツ 茂木 なつき ベンツ 茂木

その後、カイと拓海の再戦の最中に文太を呼び出して、それぞれの息子について論を交わした。 当の本人は知らないが、援助交際の情報を拓海にリークした人物からは「中年男 」、拓海からは「ベンツのカレシ 」と呼ばれている。

なつき ベンツ 茂木 なつき ベンツ 茂木

続編の『MFゴースト』では樹同様に既婚者になった。 走り屋の好む車は全て好きだが、父親の乗っているでの車を「ダサい」「クルマじゃねーよあんなの」と言ってかなり嫌っている。

7
なつき ベンツ 茂木 なつき ベンツ 茂木

最速と謳われ、地元では誰も勝てないと恐れられている。 実写版では酒浸りで、拓海が配達から帰宅する頃には決まって酔いつぶれていたり、キャバレーで女の子とどんちゃん騒ぎするなど、寡黙で渋いキャラの原作とは代わり、コミカルなイメージのキャラクターに脚色されている。